TOP > きっぷシミュレーター >

JRマルス券シミュレーター

   

読み込み中です読み込み中です

券種:        券面模様:
           

乗車駅:

 →  到着駅:

ドロップダウンリストから選択または
テキストボックスに直接入力
経由:
有効期限: 日から 日まで    金額: ¥

発行日時: 分    発行箇所:    
券番: 0 -    発券エリア:     R    誤取消防止符号: C
-

このシミュレーターについて

駅名文字収集状況

詳細はこちらを参照

変更履歴

2013/8/15 新規制作
2015/9/12 新たに107駅分の駅名画像を追加
2015/12/19 乗車駅と降車駅の入力インタフェースおよび表示ロジックを大幅リニューアル。350文字のフォント、全国約2507駅/4889駅の表示に対応。
2015/12/20 クレジットorICカード払い、乗車券or往復乗車券or連続乗車券、「(幹)」表記、幹在別線区間表記、下車前途無効表記、学割表記、R通番表記に新たに対応。
2015/12/23 マルス入場券の表示に対応
2016/1/9 約75文字追加。425文字収集済み、全国約3131駅/4889駅対応に。
2016/5/12 約36文字追加。461文字収集済み、全国約3307駅/4889駅対応に。
2016/9/12 約24文字追加。485文字収集済み、全国約3414駅/4889駅対応に。
2017/4/14 発行箇所名を駅名+数字から選択式に変更、22か所の発行箇所名に対応。乗継割引、往復割引、JR東海 株主優待券2割引、身体障害者割引、ジパング倶楽部3割引のパーツを追加。
2017/10/10 75文字追加。560文字収集済み、全国約3758駅/4889駅対応に。
2018/7/2 31文字追加。591文字収集済み、全国約3838駅/4889駅対応に。
2018/7/2 「JR東海 株主優待券1割引」「鉄社割」表示を追加。
2018/7/2 旅行会社向けプリカット通番を表示する機能を追加。
2018/7/3 背景の模様をJR6社の中から選択できる機能を追加。
2018/7/3 有効期間の表記を変更(「XX月XX日からXX日間有効」→「XX月XX日当日限り有効」or「XX月XX日からXX月XX日まで有効」)。ランダム設定ボタンを追加。
2018/7/4 発着駅名に都市区内表記や7文字以上の駅名(外字)を表示する機能を追加。
2018/8/27 仙台市内、北九州市内、福岡市内、西仙台ハイランド、ひたち野うしく表示を追加。
2018/8/28 53文字追加。644文字収集済み、全国約4048駅/4889駅対応に。
2019/7/6 30文字追加。674文字収集済み、全国約4149駅/約4900駅対応に。
2019/7/6 「行川アイランド」「ヤナバスキー場前」を追加。
2019/10/6 発券年月日の西暦表示に対応。
2020/1/21 「神戸市内」「広島市内」を追加。
2020/1/21 15文字追加。689文字収集済み、全国約4202駅/約4900駅対応に。
2020/9/21 35文字追加。724文字収集済み、全国約4294駅/約4900駅対応に。

FAQ・Tipsとか

券番で何故か先頭の1桁が指定できない

券番5桁のうち先頭の1桁目はチェックディジットと言って、5桁のうち下4桁から自動的に決まるようになっています。
下4桁の数を7で割ったあまりが先頭の1桁目になるように計算されています。

例:下4桁が「0034」の場合 34 ÷ 7 = 5 あまり 6
よって、券番は「60034」

実際のマルス券でもそのように計算されていますので、チェックしてみてください。

誤取消防止符号とは?

発券したマルス券の払い戻し等で、発券したマルス券を手作業で取り消す際に、ミス防止のために付けられている数字のようです。
例えば、指定席券の取り消しの際に打ち間違え等で誤って別の座席が取り消されてはいけないので、入力された内容とこの誤取消防止符号の数字が一致しているか照合が行われてから取り消されるようです。

詳細は以下のページで紹介されています。
マルス券のページ | 券面の説明(3) - 誤取消防止符号

参考サイト

マルス券のページ | マルス端末で発券されるマルス券を集めよう
http://mars.saloon.jp/

作成した画像素材(パーツ集)




[作業用/開発用]文字コード取得ツール


アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

アクセスカウンター